2015年度 司法書士試験の分析と解説はこちら

司法書士試験合格請負人 向田恭平が、 「2016年試験 合格最短スケジュール」を個人別に作成し、合格までをサポート! 司法書士 ハイブリッド合格塾

司法書士試験合格請負人 向田恭平

司法書士を目指す方へこんなお悩みありませんか?

こんなお悩みありませんか?

  • 何を勉強しても不安ばかり、色々な参考書に手を出してしまう
  • 勉強範囲が広すぎて、本試験までに積み残しがたくさんあった
  • 得意な所ばかりやってしまい、苦手な部分の勉強を後回しにしてしまう
  • 最後まで自分の立てた計画で勉強を続けることができなかった
  • 予備校に通い続けられなかった
  • 予備校に通う費用や時間をもっと節約したい
  • 知っているはずの知識を試験で間違えてしまった

120秒で分かる「最短で司法書士試験合格を果たす秘訣」

ハイブリッド学習法で合格し、司法書士としてご活躍の先輩の声

こんなお悩みありませんか?

  • 司法書士
  • 阿部有花様
向田恭平先生は、熱く、優しく、志高く、
そして決して見捨てない講師です

なぜ私が合格できたのか。 それは向田恭平先生と出会ったから。 このとにかく熱い講師は、私にはじめて試験の全体像を理解させ、戦い方を教えてくれた講師であり、合格まで迷いなく進めるよう導いて下さった講師です。
向田恭平先生の講義をはじめて聞いた時、この講師を信じ、この講師に言われたことをとにかく完璧にしようと心に決めたことを今でも覚えています。
なぜそこまで信じることができたのか...

もっと先輩達の声を見る

司法書士試験合格への鍵ハイブリッド合格塾とは?

ハイブリッド合格塾とは、「2016年試験 合格最短スケジュール」を個人別に作成した上で、 「3つのハイブリッド(組合せ、良いところ取り)」で、司法書士試験に最短の合格を
目指す、今までにないタイプの塾です。

  • POINT01 司法書士試験合格メソッドと、「高速学習法」とのハイブリッド
  • POINT02 Webとリアルとのハイブリッド
  • POINT03 オリジナルテキストと最高の市販本とのハイブリッド

Point.1司法書士試験合格メソッドと、高速学習法とのハイブリッド

司法	書士試験合格メソッド × 高速学習法 = 最大75%の学習効率

私、向田恭平が開発した司法書士試験合格メソッド。
このメソッドやノウハウを実現したものが、今回の「ハイブリッド合格塾」のカリキュラムとなります。

詳しく見る

Point.2Webとリアルとのハイブリッド

低価格でも安心サポート

ハイブリッド合格塾の授業は、時間や場所を気にせず、何度も繰り返し視聴していただけるよう、
基本的にWeb動画での受講となります。
そのため、大教室で授業を行う予備校に比べて、価格設定を低く抑えることが可能となりました。
もちろん、価格を下げるために、単に授業を動画にしただけではありません。

予備校に通って勉強する際に一番難しいのが「続けること」。
最初は「やるぞ!」と気合いが入っていても、だんだん出席率が落ちていき、最終的には3割くらいしか残らないのが、
長年多くの方の勉強を見続けてきた私の実感です。
だから、動画を使うことで価格を抑えることと、勉強を継続するためのリアルなサポートの、
両方を実現いたしました。

詳しく見る

Point.3オリジナルテキストと最高の教材とのハイブリッド

この業界には、予備校の授業では、「その予備校が開発したテキストのみを使わなければいけない」という
不文律があります。
たとえ他に、どのような良い教材が市販されていたとしても、です。
ハイブリッド合格塾では、向田恭平が長年、司法書士試験対策をしてきた経験、そして司法書士として
実務を行っている経験から、
オリジナル教材に加え、私が出版してきた対策本を加えた最適な市販本、最高の教材を使用します。
答錬や模試についても、しがらみなく、「○○校の模試を受けてください」と最適のものを
お勧めすることができます。

  • うかる! 司法書士 必出3000選/全11科目 [1]
  • うかる! 司法書士 必出3000選/全11科目 [2]
  • うかる! 司法書士 必出3000選/全11科目 [3]

詳しく見る

Point.1司法書士試験合格メソッドと、高速学習法とのハイブリッド

今まで話せなかった、勉強すべき教材が非常に多い秘密

今までの一般的な学習で「これだけやれば受かります」と言われた本や教材を見ると、
ものすごい量ではなかったでしょうか?
どんどん勉強することを強いられてきた理由をお教えします。

詳しく見る

今まで話せなかった、勉強すべき教材が非常に多い秘密

本番試験では出ないような問題は模試は出題される理由

本番試験では出ないような問題は模試は出題される理由

今までの一般的な学習で「これだけやれば受かります」と言われた本や教材を見ると、
ものすごい量ではなかったでしょうか?
どんどん勉強することを強いられてきた理由をお教えします。

詳しく見る

それをふまえた上で、予備校を選ぶ際に知っておくべきたった1つのポイント

さらに従来の枠組みの中では、個人別の学習進捗管理は難しい

多くの予備校では、利益をあげるために「とにかくたくさんの受験生を集めること」と「受験生に人気の高い先生を集めること」に
力を入れています。そのため、一人ひとりの合格率を高めるために、個人別の学習計画を立てたり、
進捗管理をすることに力を入れているケースはそれほど多くはありません。

司法書士試験のような難関試験では、学習が長期にわたるため、授業の内容以上に、学習の進捗管理や
継続のためのモチベーション管理が重要なはずです。

こうした現状を知っているため、苦しい勉強を長く続けている受験生のことを想い、
「最短距離で合格する予備校」、ハイブリッド合格塾を立ち上げたのです。

スケジュール・コース紹介

ハイブリッド合格塾Q&A

司法書士 講師 ブログ 向田恭平の「勇往邁進」

司法書士試験合格請負人 向田恭平プロフィール

メールマガジン登録・解除フォーム

 
メールアドレス必須
お名前(姓・名)必須

COPYRIGHT © JAPAN UP GROUP INC. ALL RIGHTS RESERVED.

お申し込み

お問い合わせ